ありふれたビギナー向けのFX取引の書籍では「損が生まれた場合はナンピン買いして平均の買い付け価格を下げる」とアドバイスしていたりしますがそれには相当大きなリスクがあります。極GOLD

はじめに、ナンピン買いの手法についてごく簡単に述べます。一人暮らしの費用

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。テラスハウス ハワイ 動画

$(ドル)買いですから、ドル高になるほど黒字が出るわけだが逆に1ドル95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。瓜破斎場

この状態でポジションを保持し続けたらマイナスをなくすためには、円高になった分円安ドル高が進まなければなりません。ゼロファクター 足

誰もが、マイナスは出来るだけ早く取り戻したい思います。マユライズ

それを解決するため最初にエントリーしたのと同じ額の$を1ドル95円で買い増しする。ラクレンズ

そうしたら、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。北海道 レンタカー 今日

2.50円の幅で円安が進むと、マイナスを回復できる。超簡単に痩せる方法

こういったことがナンピン買いの手法です。就職

このように、ナンピン買いの理論をみると「まちがいない」と思ったりするが、為替相場はそう簡単に思うようにはいきません。

そもそも、1ドル=95円以下にならないとは誰一人として予想できません。

たとえば、為替が相当の円高動向だとしたら1ドル95円では下げ止まることなく円高ドル安に進む可能性はあります。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピンをするとしても1ドル95円までドル安が進んだらナンピンをしたポジションも損失が生じます。

こういう状態では最初に持ったポジションと全部でダブルで損が生じる事になります。

この例のように、ナンピンは難しいです。

ならば、外国為替市場が自らの脚本とは逆の方向にみるみる進んでしまった場合、どの手法でリスクを回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選択する術は2つあります。

ひとつめは潔くあきらめて、損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としてはその時点で、所有している買いポジションを縮小することによって再び外国為替市場が戻るのをひたすら待ち望む事だけです。

少し控えめな術だとみる方もいるでしょう。

だがしかし、持っている買いポジションにマイナスが出た時一番妥当な手法はそれ以外にはないです。

当然、考え方としては、ナンピン買いする考え方も効果的です。

だがしかしナンピンは、自分が損をしている場面にもかかわらず、買いポジションを減らすどころか買いポジションを積んでいく方法です。

この手法では、リスクを制御することなど到底やりようがないと考えるべきです。

ナンピンをし続けられればその内勝てるかもしれない。

でも、それより先に資金が足りなくなってしまいます。