いきなり遭遇するのが車の事故です。

ここで何をどうやって処理するかがポイントとなり、車の保険料の支払いもかなり大きく異なることもあるので正確な判断力と行動力が必要です。

思っていないケースに出会って混乱してしまったとしたら大事な状況を忘れてしまい後で己が大きな損を負わされる時もありえるので車の事故を起こしてしまったケースは適切に以下に述べる行動するようにするとよいでしょう。

車の事故に遭遇した場合に第一にする事は負傷者の状況を確認する必要があります。

事故の後すぐはショック状態になってしまうケースがあり短期間で行動できないのが当たり前です。

ですから、負傷者がいた場合は危険じゃないところへ移して手当てをし周囲の人に助けを呼ぶなどして人命第一を心掛けましょう。

救急車を呼ぶ場合には正しい事故現場を伝えて分かりにくい場合は周りの目に留まった建物や町名を連絡し事故の場所が分かってもらえるようにします。

次に警察に連絡して自動車の事故が発生したことそして簡単に状況を話します。

救急車とパトカーを待っている時間に相手のことを聞きます。

名前、電話番号、免許証番号、ナンバープレートの番号、相手側の保険会社名と言った相手だけでなく自分の内容を交換します。

その時相手に過失があるような場合は、その場でやり取りしようとする場合がよくありますがその場所で処理するのではなく、どういう状況であれ110番や自動車保険の会社に報告してちゃんとチェックしてもらう事が欠かせません。

関係者の身元を言ったら他の交通の妨げになることをやめるために障害になる物を道の上から排除します。

どうしても邪魔な物が他人の車の障害物になっている時にはお互いの情報を交換する以前にそれを行っても問題はないです。

自分自身がお金を払っている車の保険会社に電話をし、自動車の事故が起こった事を届け出ます。

自動車での事故から特定期間内で車の保険会社に報告していないと自動車保険の適用外となる場面もあるので気がついたら時をおかずに電話をすることが大切です。

可能ならば交通事故の様子として携帯などで事故やマイカーの破損が分かる写真をを撮ります。

それは過失のパーセンテージ決定する際にかなり重要なデータとなりますので自分自身の車や相手のクルマの状態をちゃんと証拠として残しておくことが大事です。

他の人がいれば警官や自動車保険会社が着くまで一緒にそのままいて頂けるように話しておくことも必要です。